FC2ブログ

★ご挨拶★

《ご挨拶》


初めまして。こんにちは。

『ひなたぼっこ』と申します。


狼陛下の花嫁が大好きで、こんな話があったら良いなぁと、妄想を綴っております。

その中でも、隠密、浩大が大好きで(*≧∀≦*)
浩大のお話を中心に、綴っております。

(本当は読み専門なのですが、浩大の話を読みたくて書いてみた…って感じです。)


作中には、イメージとは、かけ離れた物もたくさんあると思います。

自分の自己満足のみで書いておりますので、その辺はご了承の上でお進み下さい。

また、ブログ内容に関する苦情は受け付けておりませんので、ご理解頂ける方のみ、お楽しみ下さい。

宜しくお願いします。




続きを読む

スポンサーサイト



~目次~

目次を作ってみました。

分かりやすくなってると良いのですが・・・。

★・・・ここ(ブログ)のみ掲載
☆・・・SNSのものを転載
☆★・・SNS掲載→その後のSSをブログのみで掲載


《目次》

*原作(臨時花嫁)設定*
好きな人
会いたい人
会いたい人-浩大目線-
新月
浩大の結婚-その後の陛下と夕鈴-
まぎらわしい
ビンタ
香り 1    5完
涙 1  3完 番外編
星に願いを
☆★誤解 その先へ(SNS3000Hitニアピンリク・ママ様へ)
覚悟 前  番外編
冬の朝
想い 1         10完 番外編(浩大目線)
桜の下で
桜散る
☆★すれ違い その後(SNSコミュ内のリク・ダリ子様へ)
行き着く先
夢か現か
夢から日常へ
後宮の掃除婦
☆★月下の戯れ 月下の情事
はなればなれ その後
ある夜の話


*未来本物夫婦設定*
大切な花 1  3完 (SNS3000Hitニアピンリク・t様へ)
大切な花 李順サイド

口癖
既視感


*浩大のお話*

好機会
発熱
油断から反撃へ
日向ぼっこ
飲み過ぎ
闇の中で
隠密の願い
豪雨
もう少し
背中
中秋の名月
背中の傷 前 


*浩大とオリキャラのお話*
浩大の結婚 1     6完 おまけ(陛下×夕鈴)
出逢い 1   4完 
浩大の教育方法
散髪
涙 番外編
修行
束の間の休息
☆★身代わり 1  2.5 3完 (SNS3000Hitリク・AO様へ)
覚悟 番外編
それぞれの教育方法 前  (浩大の教育方法の続き)
それぞれの教育方法 その後
古傷 前 
想い・番外編 浩大目線
桜舞う その後


*浩大と「私」シリーズ*
浩大と「私」
その後の二人
「私」の危機
「私」の心
真夜中の恋人達(恋人の日によせて)


*お遊びSS*
言わせたい台詞
キスの日によせて
☆★明日は何の日? その後(恋人の日によせて・黎翔×夕鈴)
時を越えて 1    5完 オマケ
★時を越えて 浩大目線
時を越えて 第二章 1     6完 オマケ
「暑い」
女装効果 前 



*別カップリング*
おいで(浩大×夕鈴)
☆★言えない その後は?(几鍔×夕鈴)


*コラボ作品*
「猫階下の花嫁」(ぴいこ様・ボロ様とのコラボ)
花の贈り物 前(ボロ様とのコラボ)


*頂き物*
境界線(ボロ様より・誕生日プレゼント)
浩大とオリキャラの素敵絵(AO様より・誕生日プレゼント※SSS有り)
遭遇(ぴいこ様より・誕生日プレゼント)
浩大の素敵絵(ダリ子様より・誕生日プレゼント)
あなたの笑顔でわかること(かんちゃんより・22222キリリク)
中秋の名月(コメント欄にてダリ子様より)


*献上品*
予想外(別カップリング:浩大×夕鈴)
侍女鈴と隠密(誕生日プレゼント・鈴様へ)
桜と共に(誕生日プレゼント・AO様へ)



隠密の独り言

こんにちは、ひなたぼっこです。

とりあえず、とりあえずですね。
今日は時間があったので何か書けないかなぁ、と思ってパソコンに向かいました。

もう何も言いません、いや言えません( ̄▽ ̄)

一応大ちゃんで妄想・・・?
言い訳も出来ないしろものに仕上がりました・・・( ̄◇ ̄;)

どうか、誰も見にきませんように・・・!←
見に来ても、黙って帰っていかれますように・・・!←←

【注意】
※浩大の独白的な?
※意味を考えてはいけません
※リハビリ的に書いた内容のない代物
※短いです
※文句を言ってはいけません←

久し振りすぎて注意事項の書き方とか忘れましたけど、こんなもんでしたかね?(聞くな)

それでは、お目汚しすぎるお目汚しで宜しければ、何となくいってらっしゃいませ(やけくそ←)







《隠密の独り言》


暗い暗い闇の中。

“それ”が、自分のいる世界。

明るい場所も、穏やかな空気も。

それは、自分とは全く縁のないもの。

幼い頃から“それ”が普通で。

その事に何の疑問も持たず、羨む事もなかった。

だから、これからも“それ”は変わらない。

そう思っていた。


それなのに―――――――。





「浩大、またつまみ食いしたでしょ!」

普通、妃は隠密なんかに声はかけない。

「浩大、私陛下に嫌われたのかしら・・・?」

隠密にそんな相談なんてしない。

「浩大、私陛下のお役に立ちたいの・・・!」

そして何より、妃は自分から行動を起こさないぜ?


くるくる回るその表情。

思い立ったら考えるよりも先に動く体。


そんなお妃ちゃんの全てに、陛下は惹かれていく。


それは、喜ばしい事でもあるが。

同時に、危険が増える事も意味する。

今まで弱点がなかった陛下に、弱点が出来るという事。

俺達隠密も、仕事が増えるという事。

初めは信じられなかった。

あの陛下が、一人の、しかもたかだか庶民の娘に。

だけど、あの娘を見て。喋って。観察して。

何となく感じるものがあった。

暗い闇の中にいる陛下を明るい場所へ引きずりだしてくれるのは。

もうこの娘しかいないって。


――――――弱点?

そんなもの増えたって良いさ。

護りたいものが出来れば、その分人は強くなれる。

俺達隠密だって、主が大事にしているものを護りたい。

でくの人形を護ったり、いつ裏切るか分からない臣下を護るより、余程仕事のしがいがあるってもんよ。


冷酷非情があの人の売りだけど。

アンタに振り回されてワタワタしてる陛下も悪くない。

だから頼むぜ?お妃ちゃん。

これからも、陛下が帰れる場所が穏やかであるように。

二度と闇の中へ一人にしないでくれよナ?


お礼?

そんなのその茶菓子と。

アンタの笑顔で見た事のない顔する陛下。



それで、充分だよ――――――。








生存報告

こんにちわ、ひなたぼっこです。

ものすごーく久し振りにブログを書いてみます。

まずは生存報告から。
はい、生きております←

ちょっと書き方も、よく分からんくらい前にUPしたきりで。
恐ろしいくらい放置されたままのブログでしたが・・・。

久し振りに管理画面を空けて色々見てみたら(見方も最初忘れてました←)
こんな放置ブログに拍手がついているではありませんか!!(゚△゚;ノ)ノ

なんだか申し訳ない気持ちでいっぱいでございました・・・(/ω\*))((*/ωヽ)
お越しいただいた方、本当にありがとうございますm(_)m


こんなに長く潜っていたのには深いような深くもないような訳がありまして(どっちだ)

って、某SNSにも書きました←

なので、二度目の方はほぼ同じ内容ですので、サクッと飛ばしちゃってください(*σ´Д`*)
むしろ、こっちはSNSよりもっとねちっこくなりますので(笑)
それでも良ければどうぞお付き合いくださいませ(-∀-)




えー、では。
遡ること一年前。

ホントにね。
スマートポンがね。
ホンットに変えなけりゃ良かったと、それは今でも後悔しております。
親子携帯だか何だか知らんけど、不具合ありすぎやろo(o・`з・´o)ノ

それによって、かは知らんけど(知らん事ばっかやなww)
とりあえず、ネット環境が悪くなりましたね。
まず繋がらない。そして勝手に切れる。ほんで電池もあっという間になくなる。
おまけに操作してないのに勝手に動く・・・etc

先日も枕元に置いていたスマートポンが勝手にどこかに電話をかけていました(゚д゚)
ここまでいくと、ちょっとホラーです( ̄▽ ̄;)ワラエナーイ

別に日本製じゃないと駄目なんてこだわりはなかったけど。
二度と中国製の携帯は買わないと固く心に誓いましたヽ( ̄д ̄;)ノ

そんなスマートポンと日々戦いながら、日々を過ごしていたわけなんですが。

そんなんですから、携帯からSNSやブログなんかに入る事さえおっくうになります。
忙しさや事件(←以下参照w)も手伝ってそりゃ遠のく訳です(´Д`*)

その事件っていうのがですね。

我が家の長男。
いえ、別にグレたりいじめにあったとかいう訳ではありませんよ( ̄▽ ̄)
じゃあ何かっつーと、厄年かってほど怪我に見舞われましてね・・・。

で、その怪我がこちら↓↓↓

①春休みに左手骨折、しかも二箇所( ̄□ ̄;)
②治ったと思ったら、前歯(もちろん永久歯)友達に二本折られる( ̄ロ ̄lll)
③夏休みに再度左手骨折、今度は一箇所だった、良かった
(ホントは良くないけどもうこの辺感覚がおかしくなってるww)


特に②に関しては精神的にも金銭的にもだいぶ参りました。

まだ10歳の子の歯ですから。
そら、前歯を折った子をどつき回したかった(やめなさい)

しかもその子に反省の色はなく。
永久歯の前歯を折ってしまった事の重大さに気付いてもいない。

歯医者さんにも、差し歯は10年持てば成功だと言われ。
保険が利く歯では、まだ人生これからの長男が不憫で仕方なかった。

一生ついて回る問題なのに、歯を折った当の本人に反省の色がないんじゃあ、どつきたくもなります(だからやめなさい)

この辺でひなたぼっこの心もぽっきり折れそうでした( ̄◇ ̄;)

まぁ、今思えばそんな深刻にならんでもええやん、とは思いますけど( ̄∇ ̄;)


そんで、担任の先生がこれまた頼りなくて
歯を折った子の担任が校内1のイケメン先生だって言うから期待してたのに(何をだ)
そのイケメン先生もまぁ、頼んなかった(笑)

結局、頼りになるのは自分しかいないと(何か違う)
立ち直りかけた所に、今度は二度目の骨折だもんなー

もう、何かにとりつかれてるのかと・・・(T▽T;)

はっΣ(゚□゚(゚□゚*)
もしやこれがスマートポンの呪い・・・!
な訳はないのですが、色々調べてみましたところ。

実は我が家には今年から大厄なる方がおられるわけです。
えぇ、誰とは言いませんが、男40歳、今年は前厄です←一人しかおらんがな(笑)

で、その厄年の本人が色んなモノ(ここでは災厄ですね)を受け流すタイプなら
そのモノは本人を通り越し、家族や近しい人が受け取ってしまうらしいのです(ほんまか)

うちの誰とは言わない、その前厄の方は(言い方めんどくさいなw)
完全に受け流すタイプ( ̄◇ ̄;)
厄年なんて何のその(良い意味ではない←)

そして長男は色んなものを真摯に受け取るタイプ
て事は、旦那のせいかぃ!(あ、言っちゃったww)
と、言いたくもなる訳で・・・

厄年を迷信と思うのか思わないのかは自分次第ですが。
旦那やひなたぼっこは、割と信じないタイプ。
良く言えば前向き、悪く言えば楽天家(-∀-)

しかし長男は、そういうの信じちゃうお年頃(どんな年頃やww)
真面目で、苦労を自分からしに行くような・・・( ̄▽ ̄;)
そして加えて長男はどんくさいので(こら)

来年は年男の長男。
来年は本厄の旦那。

年明けには絶対厄払いに行こう・・・・
来年にはスマートじゃないスマートポンをスマートなのに変えに行こう・・・(笑)

なんて、そんな決意に満ちた一年になった訳です。
て、まだ今年は終わっていませんけどね(笑)


で、ようやく、長男の歯も無事綺麗な差し歯が入りまして。
今では本物の歯と見分けがつかないくらいです(*´ー`*)


最終治療が終わったのが、九月。
ようやく、落ち着きを取り戻してきたのですが。


普段、気持ちは母子家庭の我が家ですので←
家事と育児と、仕事と学校の役員と、忙しい日々を送っております。

一度遠のいてしまった場所に戻るのはなかなか気恥ずかしいやら、めんどくさいやら←おい

そんなこんなで、こんなに日が空いてしまったのでした(´▽`;)ゞ



不在?の間に足を運んでくださった方々。
そして、拍手を頂いた方々。
そのうえ、コメントまでしてくださった方。

すっかり放置したままで本当に申し訳ございません!
そして、本当にこんなブログにお越しいただいてありがとうございます。

自分で言うのもなんですが、こんなブログのどこが良いのか・・・(おい)
世の中狭いようで広いんですね、色んな人がいてくれて嬉しい限りです(こら)
え?もちろん褒め言葉ですよ!←

当然なかには、間違って迷い込まれた方も多数いらっしゃると思います。
そんな方々には本当にお目汚しでしかなかったでしょうが・・・(笑)←笑うな

そんな方々も含め、お待ちいただいてました超少数の方。
お待たせいたしました!(誰も待ってないw)

多分、復活です(´∀`*)
以前のように、頻繁にSSをあげる事は出来ませんが。
赴くまま、気が向くまま、風の吹くまま(どこか行きそうだなw)
ゆるりと活動?していこうかと思っておりますので。

また覗いていただけるなら、小躍りして喜びますヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃

・・・・・・・・・・・・・・・・・( ̄▽ ̄;)

やっぱり最後まで締まらない日記ですが・・・。
ここまで長々とお付き合いしていただきましたそこの貴女。
斜め読みしてくれたそこの貴女。
最後のこの部分だけ読んでくれたそこの貴女も。

お越しくださる全ての方に感謝を込めて。
本当にありがとうごさいます。





ひなたぼっこ。







ある夜の話

こんにちは、ひなたぼっこです。

先日、某SNSのお友達がこっそりブログの宣伝をしていただいたおかげでしょうか。
昨日は少しばかり、ご訪問いただいた方が増えたようでした。

なんでしょうか、申し訳ない感がはんぱないです←
えぇ、きっと騙されたとお思いでしょう(笑)

でも、そんなの気にしません(気にしなさい←)

・・・・・・・( ̄▽ ̄)


さて、そんな無駄話は置いといて。

えと、今回はですね。
SNSに入国して1年たった時に、これまた一発書きで書いたSSSです。
特に何てことない日常を書いただけです
何の内容もありません←

それでも大丈夫な方は、お暇つぶしにでもどうぞー


【注意&設定】
*本物夫婦設定
※少し大人っぽいです
※特に内容はないよう←


いつものように、足元お気をつけてお進みくださいませ~






《ある夜の話》



「・・・・そしたら池の向こうの方で鯉が跳ねたんです。」

夜半、夕鈴は手元の刺繍を縫いながら。
いつものように今日あった出来事を話す。

黎翔はそれを聞きながら、寝台に腰掛け妻の淹れたお茶を飲む。

仮初の夫婦の頃は、畏まって机でお茶を飲んでいたのが。
本物の夫婦になって一年、いつの頃からかそんな習慣になった。

いつもの、そんなやり取り。

黎翔は楽しそうに話す夕鈴の声が心地良く、茶器を枕もとの小さな机に置くと。
少しだけ、と横になってその声を聞いていた。

「でね、その時侍女さんが・・・・陛下・・・?」

反応のない黎翔に、夕鈴がふと顔を上げると。
そこには、珍しく小さな寝息を立てる夫の姿。

(珍しい事もあるのね・・・。)

夕鈴はもしかしたら初めてかもしれない、こんな無防備な黎翔の姿につい見入ってしまう。

起こさないようそっと黎翔の傍らに腰掛け。
目にかかる前髪をそっと梳く。

「・・・・・ん・・・・・」

少し身じろぎした黎翔に、夕鈴は思わず手を引っ込めるが。
そのまま再び寝息を立て始めた事にホッとする。

黎翔が起きないのを確認すると、夕鈴はしばらくの間その寝顔を見つめ。
黎翔の小さな寝息に耳を傾けて、自分もその横へと滑り込んだ。

(睫、長い・・・、男の人なのに、ホント綺麗なお顔・・・)

いつもは恥ずかしくて直視出来ない黎翔の顔を、間近で見れる事に幸せを感じ。
その寝顔を見つめながら、夕鈴はそっと頬に口付ける。

(ふふ、まだ起きない。)

自分の前で安心して寝入っている黎翔が嬉しくて。
いつもなら自分から出来ない事が自然と出来る事に、つい笑みが零れる。

(今なら・・・・)

そんな事を思いながら黎翔の頬にそっと触れ、顔を近づける。
唇が重なる寸前で、黎翔が起きていない事をチラリと確認すると。

目を瞑り、そっとその唇を重ねた。

柔らかい唇に、触れるだけの口付けをして。
そっとその下唇を自分の唇で挟み込む。

たどたどしくもそんな風に口付けて、ゆっくりと唇を離した。

次の瞬間―――――。

後頭部をぐっと押さえられ、腰もぐっと引き寄せられる。

何、と思った時には荒々しく侵入してくる黎翔の舌。

(起きてたの・・・!?)

そう気付いた時には、黎翔の手が身体中を弄って。

「ん、や、へいっ・・・・や、ぁ・・・・」

深い口付けと、快感に溺れていく。

「あ、へい・・かぁ・・・・お疲れ、で・・しょ・・?」

やっとの思いで口にした言葉は、深い口付けに飲み込まれ。

「煽る夕鈴が悪い。」

耳元で囁くその声は、恐ろしくも妖艶で。
自分を見下ろすその瞳は、とてつもなく色っぽい。

その声に、その瞳に、甘く飲み込まれる。

夜の帳は降りたばかり。

今宵も熱い吐息が二人を包む――――――。








検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR